• ホーム
  • ポゼットは早漏の症状を改善するジェネリック医薬品!幅広い年代におすすめです

ポゼットは早漏の症状を改善するジェネリック医薬品!幅広い年代におすすめです

2020年04月13日
けんかしている夫婦

世界初の早漏治療薬は2008年に開発販売されたプレジジーです。当時は早漏症状に対して科学的エビデンスに基づいて有効性が確認された治療薬はありませんでしたが、この薬の登場で世界中の早漏に悩む男性に朗報をもたらしました。

日本国内では未承認でありながら、世界各国で早漏に悩む男性が服用しており、早漏症状の改善に豊富な実績を獲得するにいたっています。プレジジーは世界初の射精時間を延長させる効果が確認された治療薬なので先発薬の位置づけになります。

先発薬は新薬の開発からスタートするので莫大な研究開発費を必要とするので、薬価が高くなるデメリットがあります。そこでプレジジーのすぐれた効能とリーズナブルな薬価の両立を可能にするのが、ジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許期間が満了してのち、公開されている製造法を元に同様の有効成分を配合している治療薬になります。新薬開発のための初期投資が不要で、製造設備と原材料さえあれば製造できるので、同じ効能を有していながらも低い薬価で入手できるのが大きなメリットです。

先発薬ペレジジーに対してジェネリック医薬品になるのがポゼットになります。ポゼットには先発薬と同じ有効成分のタボキセチンが配合されており、薬価は6分の1におさえられているのがメリットです。ポゼットはすでに早漏改善効果が豊富な治療実績で確認されているプレジジーと同等の効果を発揮しながら、リーズナブルな価格で購入できるので愛用者が多く、世界レベルで高い知名度を誇る早漏治療薬です。ポゼットは30㎎錠と60㎎錠が販売されており、サンライズメデディーズ社より製造販売されています。
実際に価格面を比較してみると、プレジジー60㎎が1錠あたりの薬価が2,100円から2,300円前後なのに対して、ポゼット60㎎は1錠あたり350円前後になっています。

薬価の低さは使用頻度が高くなるほど、経済面でのコストの違いは顕著になります。ボゼットは先発薬プレジジーと同様の有効成分を配合されていますが、有効性については臨床試験においても実証済みです。その結果はプレジジーに見劣りすることのないもので、60㎎投与群においては、初回投与時で平均2.5分、継続服用では3.8倍にまで、射精に至るまでの時間を延長効果が確認されています。パートナーとの性行為を満足したいものの、経済的負担がネックになっている方には、特にポゼットはお勧めできる早漏治療薬です。